加 藤  鼎 (瀬戸)  初代 春鼎

 

 

   明治18年(1885) 陶祖加藤家の三男として瀬戸市に生まれる。

              古陶器を集め、その製法を極め瀬戸固有の陶技を伝習。

              大茶人 益田鈍翁より指導を受ける。

   昭和18年(1943) 商工省技術保存資格者の認定を受ける。

 

 

No.057   古瀬戸耳付花瓶 (展示中)

  

寸法又は容量

径8.5cm × 高26cm

No.058 菓子鉢

 

寸法又は容量

径18.6cm × 高7.6cm

 

No.059 織部手付菓子鉢

  

寸法又は容量

長径20cm × 高21.4cm